あなたの「夢」は何ですか。
というシンプルな質問。

自分の「夢」ってなんだろう。
という耳タコな自問。

言えるようで言えない、
具体的なようでアバウトな、
そんなもの。

夢ってなんでしょうね?

野球選手になりたい!
みたいな子供の頃に抱いたような
大きくて抽象的なものなのか。

今居る環境の中で探し出す、
目標の最終点のような
大きくなくとも具体的なものなのか。

夢は諦めない人が
夢を掴むと言うけれど、

人生、蓋を開けてみれば
その殆どが脇役ばかりで
なりたいもの、やりたいことを、
諦めて諦めて、諦め続けながら、

今を生きるために、
生活のために必死に働いている。
それもひとつの大人の形な訳です。

やりたいことを仕事にしてる人は、
ごく僅かしかいないけれど。

大人はよく子供に希望を込めて
夢を持て、と言うけれど。

希望も野望も夢であり、
叶えるための原動力であり、
叶わなくとも今の自分をより
奮い立たせるものでもあり、
空想や妄想や言葉だけ切り取れば、
睡眠という無意識の中にまで
夢というものはついてくる。

夢というものは時にカタチを変える。
目標にも通過点にもなる。

夢を叶えるために
夢に逃げる時もある。

それでも描きたいと熱望する
なかなか答えのない話。

社会人になって数年経った
25歳くらいの時だったか、
なんとなく夢って
パンのようなものだなぁと
感じたことがありました。

時に夢は大きく膨らむ。
描きたて夢は芳醇で柔らかい。
ついつい笑顔が溢れてくる。

また夢は小さく縮む。
だから毎日のように確認する。
いつでもふっくらしてるかと。
そして叶うと消えてる。
その先に、次の夢が膨らんでいるから。

*REVOLVER dino network 投稿 | 編集