夜空は動く
どこまでも続く
散光が煌めく
デジタルと伝統の間
貴方の声は無く
白い吐息が揺れている

触れたくても出来ないと分かってても
今出来る限りの最大公約数

この心には貴方がいつでも居て
喜怒哀楽のクラシックは鳴り響いて
脳内から全身へと駆け巡った

青く凍る右心房と
赤く燃える左心房が
強く手を握り合い締め付ける
それでも…

あの空を抜け あの山も越えて
両手を広げ 追い風を受けて
たとえ会えなくても
暗闇でも貴方を感じる場所へ…
そんなことを信じている

朝雨は暗く
どこまでも深く
遠雷が騒つく
アナログな電灯の愛は
消されて冷雨が鳴く
哀訴の風が後を追う

触れたくなる気持ちをシャワーで隠す
ただ静かに部屋着のワンピースを纏う

この想いに貴方は見知らぬ振りで
ただシンプルな暮らしの日々は蠢いて
煩いから声を殺して吐き捨てた

愛を叩く積極性と
哀に還る消極性が
絡み混ざり合い鬩ぎ合う
それでも…

あの空を抜け あの山も越えて
両手を広げ 追い風を受けて
たとえ会えなくても
凍えても貴方を感じる場所へ…
そんなことを信じている

いつか雨は止んでも
この気持ちは晴れない
暁光が差し込んでも
答えの出ない色で彩られていく
朝が来る

あの空を抜け あの山も越えて
両手を広げ 追い風を受けて
たとえ会えなくても
眩しくても貴方に伝わる場所へ…
そんな世界 探していた

いつも いつでも そう願う
私が 私だけがそこには居た
そこにはあった

寂しさも悲しみも
枯れ果てた
雲ひとつない青空と
紅く輝く太陽の下で
紫のアネモネ
穏やかな風に揺れている

*REVOLVER dino network 投稿 | 編集